メイン写真メイン写真

_01やっぱり建築家のアイデアを

第一線で活躍するアトリエ建築家がデザインする注文住宅

どのような住まいなら、大切な家族との時間を育むことができるでしょうか。家族の好みやライフスタイルを表現した空間。生活動線や目線を意識した、使い勝手の良い空間。心地よい広がりのある空間など。 更に「BAUHAUS DESIGN × R+house」の頼れる建築家は、ライフスタイルの変化にも柔軟に対応できるような工夫をプラス。デザイン性・高機能・価格・住み心地、それぞれがベストバランスのオーダーメイドのデザイン注文住宅を実現します。誰もが「いつか住んでみたい」と思うような理想の住宅。そんな想いを叶えます。「建築家に依頼すると、設計料が高くなってしまうから……」と、躊躇されるお客様も中にはいらっしゃるかもしれません。バウハウスデザインでは、建築家との家づくりの流れを可能な限りシンプルにすることで、こうした悩みを解決しています。

自慢したくなる家をわたしたちと創ってみませんか? バウハウスデザインのアトリエ建築家

アトリエ建築家は『住まいをつくるプロ』

美しいデザイン、暮らしやすいデザイン、庭や周辺環境とのつながりのデザイン、性能のデザイン、そしてご予算の中でおさまるデザイン。どれも大切な家族の暮らしを育む家には外せない要素です。バウハウスデザインの住まいをデザインする100名ほどのアトリエ建築家は、そうした「暮らしのデザイン」のプロ集団です。

「BAUHAUS DESIGN × R+house」のアトリエ建築家は「住宅づくりが好きな人」=「人の生活をつくることが好きな人」。ただ「かっこいいものが作りたいから建築家をやっている」というだけの人はいません。「建てるプロ」と「住まいをつくるプロ」は違います。限られた予算の中で、どれだけお客様の家族構成や現在のライフスタイルを叶えていくか、あるいは将来を見据えた設計をするか、それらを全て叶えつつどうやって予算の範囲できれいにおさめていくのか。そういうことをするのが、住まいをつくるプロです。

やっぱり建築家のアイデアを

建築物の設計と工事監理を行うのが「建築士」です。この職業に就くには国家資格の取得が必要で、一級建築士、ニ級建築士などの資格があります。ですが資格さえあれば何でもできるというわけではなく、お客様の“理想の住まい”を形にするには高度な知識と経験、そしてセンスが求められます。これを実現するのが第一線で活躍している「BAUHAUS DESIGN × R+house」の「アトリエ建築家」です。

アトリエ建築家は、独自に定めた「ムダを省き、性能の高いデザイン住宅をつくるためのルール」を共有、熟知し、その上で極めて素晴らしいデザインをつくり上げる「住まいをつくるプロ」です。このルールを守りながら快適性やデザイン性に優れたプランを練り上げています。このため、難易度の高い資格を取得した専門家というポジションにとどまらず、建築家は存分にセンスを発揮し、かつオーナー様に安心頂ける価格でのデザイン住宅のご提案を可能にしています。

家づくりに真摯に向き合う

家族でゆったり過ごせるリビング、使いやすくて清潔なキッチン、日差しが降り注ぐ広いバルコニー…。住まいに対する理想やこだわりを実現するのは大変で、しかもやり直しができない部分も多々あります。アトリエ建築家のひとりは、プランニングについて次のように説明します。「地盤や設計、性能面などは後で変更することができないため、十分に配慮して設計しています。」

予算や土地への目配りも重要だといいます。「予算・土地・暮らし方のバランスはとても大切です。この土地にどんな建物をのせたらお客様にご満足いただけるのかをじっくりと考えて提案しています。」限りある予算の中で、家族構成やライフスタイル、さらに将来設計まで見据えたプランニングを行い、理想の住まいを実現する。これが「BAUHAUS DESIGN × R+house」の「アトリエ建築家」なのです。