メイン写真メイン写真

二世帯7人家族のためのアイデア満載の楽しい家Works Case#06 横浜南区H様邸

親世帯・子世帯合計7人が快適に楽しく暮らすための二世帯住宅のご相談に来店されたH様。「動線計画と、十分な収納量」をテーマに建築家との綿密な打ち合わせがスタート。

実現したのは4台分の駐車スペースを確保するとともに、玄関ホールに階段スペースと大容量シューズインクロークを配置することで1Fの親世帯と2階の子世帯のスムーズな動線を実現する大胆なプラン。生活スタイルと機能性を重視した収納計画を採用。

H様がカラーにこだわった内装壁は、塗装業に携わるH様ご本人がペイント。セルフビルドの家づくりが「とても良い思い出になりました。」と笑顔で語って下さいました。

【基本情報】

  • 敷地面積189.63㎡(68.74坪)
  • 延床面積/168.75㎡(61.17坪)
  • 家族構成/大人4人、子供3人、犬1頭

「二世帯という要求品質の差」

建築家/中道 哲也(スタジオパートスリー)

中道哲也 写真

二世帯住宅は、単世帯住宅の設計とは異なる。まず、住むキャストの数だ。子世帯と親世帯の要求品質は大きく異なる。同じ屋根の下で暮らすことになるのだが、世代間ギャップによる要求品質の差が設計者を悩ませることとなる。中道氏は、家族全員の要望に対して丁寧に耳を傾ける。世代の差による感性の差、生活リズムの差など求めるものが大きく変われば変わるほど設計者としての技量の差が出るといってよいだろう。

三世代の家族の距離感を設計していった結果、縦に長いT字型の住宅設計となった。T字の真ん中のボリュームのあるエリアが、親世帯と子世帯のリビングエリア、それを挟んで三世代の居室が両側に分かれて配置された。中道氏はT字型の発想で2世帯家族の要求品質を叶えていった。

建築家プロフィール/中道哲也
Entrance

Entrance

玄関ホールと二世帯が使う大容量のシューズインクローク。玄関ホールに階段スペースを配置し、1階の親世帯と2階の子世帯の動線をスムーズに分ける設計です。階段は木製スケルトン階段とし、明るさの確保にも配慮しました。

Facade

Facade

車4台が停められるスペースを確保しながら、建物の配置を考えました。二世帯住宅という難しい設計を限られたスペースで計画していくのがアトリエ建築家の腕の見せどころ。機能的で美しい外観となりました。外壁材は、フラットなガルバリウム鋼板仕上げ。

Kitchen

Kitchen

木製キッチンに木製のキッチン背面収納、キッチンを囲む腰壁はOSB合板仕上げ。キッチンの奥にもOSB合板で壁を仕上げたパントリーを配置。奥様のイメージに合わせテーマを共有し、作り上げていきました。

LDK

LDK

子世帯のLDKは、5人全員が集まって食事をしたり、映画を見たりできるよう間取りの大きさを確保しました。キッチンエリアのマスタードイエローの壁が印象的な楽しい空間となりました。内装壁の仕上げは、ペンキ仕上げ。施工は施主の旦那様が塗装業をやられており、ご自身で施工していただきました。施主参加型の家造りは、施主にとっても良い思い出となります。

bathroom

bathroom

二世帯で全員で使用する洗面室は、洗面カウンターの幅を広く取り、使い勝手の良い設計といたしました。オリジナル洗面カウンターと大きめの洗面シンク、壁にはタイルをあしらい清掃性と美しさを両立しています。物干しスペースとしても活用しています。高気密高断熱の家は、換気がよく働くため室内干しでも短時間で乾きます。

loft

loft

リビングの天井は、勾配天井としロフト空間とつなげました。大人にとっても子どもたちにとって、とても楽しい空間になっているようです。高気密高断熱の家のロフトは、夏でも快適に過ごせる空間として活用できます。