メイン写真メイン写真

好きなものに囲まれた至福の土間リビングがある家Works Case#07 鎌倉二階堂M様邸

黒の極めてシンプルな箱型フォルムの外観が印象的な鎌倉市のM様邸。中に入ると外観からは想像できないほど明るい開放的な吹き抜け空間のLDKが広がる。

大判の白いタイルを取り入れた特徴的な土間リビング。ここは、M様ご夫婦と2匹の愛猫にとって好きなものに囲まれた至福の空間。開放的な吹き抜け空間と薪ストーブのゆれる灯が刻むゆっくりと流れるくつろぎの時間。

薪そのものもLDの印象的なディスプレイに。こんな空間を可能にしたのは高気密高断熱の高性能建築家住宅だからこそ。建築家と実現したのは、M様の理想のライフスタイル。

【基本情報】

  • 敷地面積/165.48m²(50.05坪)
  • 延床面積/118.00m²(35.69坪)
  • 家族構成/大人2人、猫2匹
  • C値:0.4cm² / m²
  • Ua値:0.51W /(m²・K)

「周囲の景観を暮らしの中に取り込む」

建築家/河添 甚(河添建築事務所)

河添甚 写真

鎌倉の駅の中心地から少し離れた住宅街。北側に鎌倉の小高い山を望む立地だった。河添氏は、設計前の現地視察で様々なインスピレーションを受ける。北側の山の緑が暮らしの中に取り込めないか?南側にも開けた開放性も暮らしの場として利用したい。薪ストーブのある暮らしがしたいという旦那様の要望。鎌倉の緑豊かな場所に移り住むきっかけとなった周辺環境を暮らしに活かしたいという奥様の要望。河添氏はそのような条件を、一つの設計図にまとめた。

正面から見た家のファサードは、窓が1つ。北側に配置された四角い窓は、2階の踊り場に設置された旦那様の仕事場に設置されている。この窓は、1階のリビングからも吹き抜けを通じて見ることができる。いわゆるピクチャーウインドウ。リビングは土間リビングとし、薪ストーブの使い勝手やインテリアデザインを両立した設計。本棚の脇に薪棚を配置したところも河添氏のおしゃれな気遣い。

建築家プロフィール/河添 甚
Living

Living

白を基調とし、タイル張りにした土間リビングが特徴の住まい。基礎断熱をしっかりしているため、冬でも土間リビングは暖かく過ごせます。高性能住宅を活かした象徴的な設計となりました。

吹き抜けを通して見える鎌倉の借景は、暮らしに季節感を取り入れてくれます。

Facade

Facade

内観とは一変し外観は黒を基調として、エントランスは白の塗り壁に木製ドアでアクセント。建物のファサードは極めてシンプルに整えることで植栽との調和がなされ、美しい佇まいとなりました。

Deck

Deck

南側のデッキはダイニングとキッチンに直結しています。開放感のある広いデッキは、様々な楽しみを創出します。

Dining Living

Dining Living

造付けの本棚と薪棚が印象的なリビング。吹き抜けのある大空間が、開放感と明るさを確保してくれます。飛躍的に気密と断熱性能を上げることにより実現した空間です。

Dining Kitchen

Dining Kitchen

鎌倉の土地の特性を活かした設計は、南北の鎌倉の借景を住まいの中に取り入れるということでした。リビングには吹抜け越しの借景、ダイニング側は開放感のあるデッキと季節感のある植栽を楽しむ大開口の掃出し窓。

Hall

Hall

階段と時計と観葉植物とピクチャーウインドウ。遊び心あふれる設計は、私達がご提供する大切なもの。