メイン写真メイン写真

ロケーションにインスパイアされた空の青に映える美しい家Works Case#08 川崎M様邸

以前から自然に囲まれた環境でのびのび暮らしたいと考えてきたM様。選ばれたのは海と山の自然に囲まれた葉山の土地。海越しに富士山が望める素晴らしいロケーションの土地と出会い、即決。葉山の魅力を最大限に引き出す家づくりがスタートしました。

バウハウスデザインと何度も打ち合わせを重ね、誕生したのは葉山の青空に映えるスタイリッシュな黒のガルバリウムに無垢材のあたたかみがプラスされた美しい外観の家。

【基本情報】

  • 敷地面積/151.64m²(45.88坪)
  • 延床面積/108.90m²(32.95坪)
  • 家族構成/大人2人、子供2人
  • C値:0.4cm² / m²
  • Ua値:0.54W /(m²・K)

「富士を望める葉山という土地で」

建築家/三島 史子(タイムズ・アンド・デザインオフィス)

三島史子 写真

富士山が望める葉山の土地に向き合った三島氏。2階のレベルからであれば冬場の澄み切った空気の中、富士山が大きく見えると判断。西側に望む富士山の為、夏場の西日を考慮し深い屋根のついたバルコニーを配置した。2階のリビングからはサッシをまたぐことなくフラットに行けるようにした。日常的にアウトリビングを楽しめるようにとの配慮だ。

週末には、友達が多く遊びに来るという要望にも配慮し、エントランスは大きくし階段の形状も工夫を加え楽しくお客様を迎えられるようにと遊び心を忘れない。夏場は海遊びを目がけて多くの友達が遊びに来る。冬場にも友達が多く来るよう薪ストーブを提案。冬が来るのを待ち遠しくなる仕掛けを三島氏は知っている。

建築家プロフィール/三島 史子
Facade_1

Facade_1

木×ガルバが印象的な四角い箱型の美しいフォルム。

Facade_2

Facade_2

葉山の青空と外壁の黒、無垢材の対比が印象的な外観。

Approach

Approach

植栽のやわらかなグリーンが玄関へと誘導してくれるアプローチ。

Living

Living

薪ストーブを中心に家族が集まるあたたかいリビング。

Dining

Dining

とっておきのコレクションを飾った窓台はお施主様のお気に入りの場所。

Kitchen

Kitchen

スタイリッシュなペニンシュラタイプのキッチンと、無垢材をはった天井がポイントのおしゃれなキッチン。

Kids Room

Kids Room

将来2つにセパレートできるようにした可変対応の子供室。アクセントクロスは葉山の青空にちなんだブルー系に。

Hall

Hall

無垢材をふんだんに使った温かみのあるエントランスホール。

Powder Room

Powder Room

シンプルだけれどとてもすっきりとスタイリッシュなパウダールーム。

Owner

Owner

「海と山をながめながら生活できる最高の環境を見つけてもらえたことに本当に感謝しています。家族4人開放的な空間でのびのび暮らしています。」と嬉しそうに語って下さいました。