アトリエ建築家とつくる

やっぱり建築家のアイデアをやっぱり建築家のアイデアを

「建築家×お客様」理想を超える

バウハウスデザインに在籍するアトリエ建築家には、それぞれに個性や得意分野があります。スタート時は、住まいに対するご希望やライフスタイルなどについてお話をうかがったうえでベストな建築家をセレクト。その後のヒアリングでは、お客様の多岐にわたるご要望をあますところなく聞き出します。

建築家のひとりは、「ヒアリングによってプランのほとんどが決まるといっても過言ではありません」と話します。ここで得た豊富な情報を基に、ゆとりと広がりを演出する空間構成や、光と風を取り込む工夫を凝らした構造など、お客様の想像以上の住まいをデザインします。ヒアリングは「何がもっとも大切なのか」を建築家が見極める絶好のチャンス。そしてお客様にとっては、夢や希望が実現に近づく、心躍るような機会となるのです。

バウハウスデザイン 建築家との打ち合わせ

何年経っても飽きのこないデザイン

家は家族の思い出を刻む大切な場所。だからこそ永く健康的に暮らせる住まいにしたいと誰もが願います。そこで私たちは自然素材を活用した住まいを提案しています。たとえば無垢材の床は耐久性に優れ、素足で歩きまわれば天然木ならではの温かみを体感できます。経年とともに味わいを深めるのも自然素材の魅力。家族の生活に馴染むにしたがって色調は落ち着きを増していきます。

また、永く快適に暮らせる家を建てるには、竣工から数十年が経過してなお愛着が深まるデザインを採用することも大切。その際に重要になるのが住空間で「変えられるもの」と「変えられないもの」を区別すること。一例を挙げると、窓の位置や床を変えるには相当な手間が必要ですが、ブラインドや置き家具の位置は簡単に変更できます。建築部分はシンプルにまとめ、変更可能な余白を残しておくことが、飽きのこない住まいづくりのカギといえるでしょう。

バウハウスデザイン施工事例
pagetop