リフォーム施工事例

“離れ”から一軒家に 生まれ変わった家

Y様
建築年数: 築29年   改修面積: 56.00㎡(17.0 坪)
  • キッチン
  • ダイニング
  • 浴室・トイレ・洗面
  • 部分リフォーム

リフォーム前「冬寒く、台所も、お風呂も不便」

Y様邸はもともとご両親の家の「離れ」として作られた家で、冬になると家の中が本当に寒く、石油ストーブにコタツが欠かせなかったといいます。お風呂も母屋のものを利用してましたが、壁はタイル張りで冷たく、浴槽も深いため「老後はちょっと危険」と思っていました。また、台所は冷蔵庫が調理台から離れていて、いちいち食材を取りに行かないといけないという不都合、寝室の和室も畳の痛みが気になり始めていました。

断熱リフォームを決意「息子さんに勧められ、相談会へ」

ご両親が亡くなり空き家となっていた築50年の母屋を、息子さん夫婦が建て替えて住むという話が出たのをきっかけに、Y様は自分が暮らしている離れもリフォームしようと考えます。息子さんに勧められ、相談会に参加したY様はバウハウスデザインの採用するリフォーム方法なら「高気密、高断熱」をリフォームでも手軽に実現できることを知り断熱リフォームを決めたそうです。

BEFORE / AFTER

※バウハウスデザインの断熱パネル施工箇所

リフォーム事例一覧に戻る

pagetop