EVENTS

メイン写真

見学会・イベント情報

6/22 担当建築家に会えるbauhaus design owner見学会@横浜市緑区

担当建築家に会えるbauhaus design owner見学会開催

「空と街を切り取る、丘の上のアウトドアハウス」の魅力を体感しよう
室内に居てもアウトドアのような空間を感じ、非日常的な時間と空間を楽しみたい」というオーナーの要望を実現した、建築家・河添甚氏の設計によるお宅です。室内からは見えるのに、外からの視線は気にならない、目線には窓が無いのに明るい。多くの人が住宅に望む「矛盾した希望」が同居する、何とも不思議な感覚の空間を体感できます。ぜひご来場ください。

担当建築家に会える見学会詳細・内覧お申し込み
5/19 担当建築家に会えるbauhaus design owner見学会@横浜市内

担当建築家に会えるbauhaus design owner見学会開催

※このイベントは終了しました。多数のご来場、誠にありがとうございました。

設計した建築家が解説する「縁側の家」
シンプルな美しさには、ノイズを排除した余白がある。余白の美学を取り入れることで住空間に開放感と落ち着きが宿ります。洗練された上質なデザインで、日常生活の豊かさを紡ぐ空間を、建築家の設計の考え方を聞きながら内覧できる貴重な機会です。ぜひご来場ください。

担当建築家に会える見学会詳細
4/14 担当建築家に会えるbauhaus design owner見学会@横浜市内

担当建築家に会えるbauhaus design owner見学会開催

※このイベントは終了しました。多数のご来場、誠にありがとうございました。

「利便性と快適性の共存 ~緑の借景でゆとりのアーバンライフをデザインした家~」
利便性の良い都市部の暮らしにおいて、プライベート空間を保持するために、陽当たりや抜け感、眺望といった快適性や開放感をトレードオフにするケースが多くあります。今回の土地にもあった、外からの視線、窓からの眺望といった課題を建築家はどのように読み解いたのか。建築家の設計の考え方を聞きながら内覧できる貴重な機会です。ぜひご来場ください。

担当建築家に会える見学会詳細
3/9~31 23日間連日開催 設計と性能の融合を体感できる完成見学会@横浜市緑区

設計と性能の融合を体感できる完成見学会 開催

※このイベントは終了しました。多数のご来場、誠にありがとうございました。

「空と街を切り取る、丘の上のアウトドアハウス ~街を一望する丘の上に建つ家~」
横浜市緑区にまもなく竣工いたします建築家・河添甚氏設計による「空と街を切り取る、丘の上のアウトドアハウス」の特別完成見学会を、3/9(土)より3/31(日)まで23日間、連日開催いたします。ぜひこの機会に設計と性能の融合を現地にてご体感ください!

完成見学会詳細
2/17 担当建築家に会えるbauhaus design owner見学会@横浜市中区

担当建築家に会えるbauhaus design owner見学会開催

※このイベントは終了しました。多数のご来場、誠にありがとうございました。

「土地のスペックを最大限に引き出す、オーナーの想いに対する建築家としての回答」
横浜において建築設計をする場合、土地の高低差が設計上の課題となることが多い。その課題をメリットに変化させることができるかどうかが設計事務所の腕の見せ所となる。今回のプロジェクトは丘陵地の高台で四方からは見おろされる敷地、プライバシーを阻害されずに開放感のある暮らしがしたいというオーナーの強い要望に対する建築家の回答とは。建築家の設計の考え方を聞きながら内覧できる貴重な機会です。ぜひご来場ください。

担当建築家に会える見学会詳細
自邸のための『土地選びのチェックポイント』を学べるセミナー

自邸のための「土地選びのチェックポイント」を学べるセミナー開催

※こちらのイベントは終了しました。多数のご参加、誠にありがとうございました。

自邸のための「土地選びのチェックポイント」を2時間で学べるセミナー
『自邸の建設用地としての土地のチェックポイント』を2時間で学べる土地の選び方セミナーを開催します。横浜市や川崎市は、住宅を建築する際の規制が非常に厳しい地域です。セミナーでは自邸建設用の土地をこれから探す際に知っておきたいポイントを不動産コンサルティングマスターが皆さまの疑問にお答えし丁寧に解説します。都筑区内の弊社新モデルハウスの建設用地も見学します。お気軽にご参加ください。

土地選びのチェックポイントを学べるセミナー詳細
12/10 担当建築家に会えるbauhaus design owner見学会@横浜市戸塚区

担当建築家に会えるbauhaus design owner見学会開催

※このイベントは終了しました。多数のご来場、誠にありがとうございました。

「四方囲まれた敷地の設計」
四方囲まれた旗竿地での設計。開放性や光の取り入れ、プライバシーの確保の仕方など、設計の難易度の高い敷地条件となります。その条件をデメリットと捉えずメリットに変える設計力を体感できます。担当建築家の設計の考え方を聞きながら内覧できる貴重な機会です。ぜひご来場ください。

担当建築家に会える見学会詳細
10/21 担当建築家に会えるbauhaus design owner見学会@横浜市戸塚区

設計と性能の融合を体感できる完成見学会 開催

※このイベントは終了しました。多数のご来場、誠にありがとうございました。

「2つの庭と繋がる家」
横浜市中区にまもなく竣工いたします建築家・河添甚氏設計による「2つの庭と繋がる家」の特別完成見学会を、11/5(日)より11/23(祝・木)まで19日間、連日開催いたします。ぜひこの機に設計と性能の融合を現地にてご体感ください!。また詳細ページには、この完成見学会をお愉しみいただくための特別解説 『完成見学会「2つの庭と繋がる家」の歩き方』(全10,000文字)を掲載しておりますので、ぜひ併せてご高覧ください。

イベント詳細
10/21 担当建築家に会えるbauhaus design owner見学会@横浜市戸塚区

担当建築家に会えるbauhaus design owner見学会開催

※このイベントは終了しました。多数のご来場、誠にありがとうございました。

「旗竿地の設計解」
西接道の奥に広がる旗竿地。旗竿地とはいえ約3.5mの接道幅を活かしたアプローチをしつらえることで、しっかりとした建物の正面性を構築しました。更に奥まって広がるゆったりとした敷地に光と風と空を取り込んだ明るく開放的な空間を導き出した。担当建築家の設計の考え方を聞きながら内覧できる貴重な機会です。ぜひご来場ください。

イベント詳細
9/23 担当建築家に会えるbauhaus design owner見学会@横浜市青葉区

担当建築家に会えるbauhaus design owner見学会開催

※このイベントは終了しました。多数のご来場、誠にありがとうございました。

「限られた建築面積での回答」
建築家の既成概念を突破した設計は、敷地のパフォーマンスを最大限生かしたプランとなる。答えは周辺環境とアウトリビングの考え方にあった。担当建築家の設計の考え方を聞きながら内覧できる貴重な機会です。ぜひご来場ください。

イベント詳細
8/27 担当建築家に会えるbauhaus design owner見学会@横浜市

担当建築家に会えるbauhaus design owner見学会開催

※このイベントは終了しました。多数のご来場、誠にありがとうございました。

「立体的なリビング空間を設計する」
西側に接道と道路との高低差が1mほどある敷地。閑静な住宅街で隣家との離れは適度にあるものの、西側以外は周囲の隣家に囲まれる都市型の敷地条件でした。プライバシーを確保しつつ開放的で明るいリビング環境の確保が課題となりました。担当建築家の設計の考え方を聞きながら内覧できる貴重な機会です。ぜひご来場ください。

イベント詳細
7/29 担当建築家に会えるbauhaus design owner見学会@横浜市

担当建築家に会えるbauhaus design owner見学会開催

※このイベントは終了しました。多数のご来場、誠にありがとうございました。

「見方を変えればパフォーマンスの高い土地となる」
長い旗竿地がネガティブに見え、この土地で理想の住まいが建てられるか迷っていた施主。設計者の目線から土地を見ると敷地の高いパフォーマンスが見えてくる。一見デメリット思える条件も設計の仕方や活用の方法で楽しい暮らしへと変化していった。担当建築家の設計の考え方を聞きながら内覧できる貴重な機会です。ぜひご来場ください。

イベント詳細
6/25 担当建築家に会えるbauhaus design owner見学会@横浜市

担当建築家に会えるbauhaus design owner見学会開催

※このイベントは終了しました。多数のご来場、誠にありがとうございました。

「プライバシーに配慮したファサード」
広いT路地に面した土地。道路も東南の方向にあり申し分ない敷地条件であったが、同時に道路側からのプライバシーを阻害される条件でもあった。プライバシーと明るいリビングを確保するという二律背反した要件を同時に解決する設計となった。担当建築家の設計の考え方を聞きながら内覧できる貴重な機会です。ぜひご来場ください。

イベント詳細
5/28 担当建築家に会えるbauhaus design owner見学会@横浜市

担当建築家に会えるbauhaus design owner見学会開催

※このイベントは終了しました。多数のご来場、誠にありがとうございました。

「土地のデメリットを豊かな暮らしに変化させる設計」
横浜において建築設計をする場合、土地の高低差が設計上の課題となることが多い。その課題をメリットに変化させることができるかどうかが設計事務所の腕の見せ所となる。今回のプロジェクトは斜面を宅地造成された土地で、土地の面積もゆとりがあるとは言えない条件だった。駐車場から一段高い宅盤の面積を余すことなく利用する設計が求められることになった。担当建築家の設計の考え方を聞きながら内覧できる貴重な機会です。ぜひご来場ください。

イベント詳細
4/29 担当建築家に会えるbauhaus design owner見学会@横浜市都筑区

担当建築家に会えるbauhaus design owner見学会 開催

※このイベントは終了しました。多数のご来場、誠にありがとうございました。

「北西の角地の敷地に対する回答」
北西の角地は一般的に設計が難しい土地とされています。南側の隣地の敷地も1mほど高くなっており南からの光が取り入れにくい環境になっていた。その敷地に対する設計者中村氏の回答は「内に開く」。中庭を巧みに配置することで、光の通り道と開放性を両立しました。担当建築家の設計の考え方を聞きながら内覧できる貴重な機会です。ぜひご来場ください。

イベント詳細
3/26 担当建築家に会えるbauhaus design owner見学会@大和市

担当建築家に会えるbauhaus design owner見学会 開催

※このイベントは終了しました。多数のご来場、誠にありがとうございました。

「コートヤードのある都市型設計」
コートヤードのある都市型設計。日当たりが良い分、プライバシーを阻害されるというデメリットも生じるので決してメリットだけでもないのが「南向き日当たり良好」。そのメリットとデメリットの相反関係を魅力に変えていった設計力を体感できます。担当建築家の設計の考え方を聞きながら内覧できる貴重な機会です。ぜひご来場ください。

イベント詳細
2/23 担当建築家に会えるbauhaus design owner見学会@横浜市青葉区

担当建築家に会えるbauhaus design owner見学会

※このイベントは終了しました。多数のご来場、誠にありがとうございました。

「四方囲まれた敷地の設計」
四方囲まれた旗竿地での設計。開放性や光の取り入れ、プライバシーの確保の仕方など、設計の難易度の高い敷地条件となります。その条件をデメリットと捉えずメリットに変える設計力を体感できます。担当建築家の設計の考え方を聞きながら内覧できる貴重な機会です。ぜひご来場ください。

イベント詳細
11/26 担当建築家に会えるbauhaus design owner見学会@川崎市宮前区

担当建築家に会えるbauhaus design owner見学会

※このイベントは終了しました。多数のご来場、誠にありがとうございました。

「ロケーションを活かした建物配置」
アウトドアを楽しむ家族が選んだ敷地は公園に面する立地。西側の公園にある桜の木を借景として取り込むよう中庭のあるコの字の建物形状としたことで、1年中公園の景観を楽しめる住まいとなりました。担当建築家の設計の考え方を聞きながら内覧できる貴重な機会です。ぜひご来場ください。

イベント詳細
12/18 年末年始二世帯住宅攻略特別セミナー

年末年始に向けた二世帯住宅攻略特別セミナー開催

※このイベントは終了しました。多数のご来場、誠にありがとうございました。

「間違いだらけの二世帯住宅の攻略法を解説します」
年末年始は両親と住まいづくりの話をする機会となる方も多いはず。二世帯住宅は単世帯住宅の設計にはない課題がたくさんあります。設計条件が難しくなる分、単世帯住宅以上のコミュニケーションが必要となります。そこで年末年始を前に多くの二世帯住宅を手掛けてきたバウハウスデザインならではのアドバイスをお話します。二世帯住宅をお考えの方お気軽にご参加ください!

イベント詳細
11/26 担当建築家に会えるOB宅見学会@町田市

担当建築家に会えるbauhaus design owner見学会

※このイベントは終了しました。多数のご来場、誠にありがとうございました。

「敷地形状を活かした中庭空間」
敷地形状に合わせた中庭空間の設計が豊かな暮らしを実現する。LDK・書斎・主寝室・子ども室のすべてが中庭空間に向かい、景観や明るさを感じる設計となりました。担当建築家の設計の考え方を聞ける良い機会です。是非、ご来場ください。

イベント詳細
10/9 担当建築家に会えるOB宅見学会@横浜市青葉区

担当建築家に会えるbauhaus design owner見学会

※このイベントは終了しました。多数のご来場、誠にありがとうございました。

建築家の既成概念を突破した設計は、敷地のパフォーマンスを最大限生かしたプランとなる。答えは周辺環境とアウトリビングの考え方にあった。担当建築家の設計の考え方を聞ける良い機会です。是非、ご来場ください。

イベント詳細
8/27 担当建築家に会えるOB宅見学会@横浜市保土ヶ谷区

担当建築家に会えるbauhaus design owner見学会

※このイベントは終了しました。多数のご来場、誠にありがとうございました。

特殊な敷地条件を活かした設計。裏と表に接道がある珍しい敷地条件だった。敷地延長部分が接する道路と2階レベルで接する道路の2面接道。この敷地条件に建築家が出した答えとは?担当建築家の設計に対する考え方を聞ける良い機会です。是非、ご来場ください。

イベント詳細
7/24 担当建築家に会えるOB宅見学会@川崎市麻生区

担当建築家に会えるbauhaus design owner見学会

※このイベントは終了しました。多数のご来場、誠にありがとうございました。

「建築家の既成概念を突破した設計は、敷地のパフォーマンスを最大限生かしたプランとなる。答えは周辺環境とアウトリビングの考え方にあった。」担当建築家の設計の考え方を聞ける貴重な機会ですぜひご来場ください。

イベント詳細
11/23「鶴見区馬場の家」完成見学会@横浜市鶴見区馬場

「鶴見区馬場の家」完成見学会

※このイベントは終了しました。多数のご来場、誠にありがとうございました。

コンセプトは『ひとつながりのONEBOXの家』。リビングは2階とし北側の景観を楽しめる設計としました。北側を開放性のある窓を配置し安定した採光を確保する設計事務所ならではの設計。土間を中心に全ての空間が繋がる大胆な設計は、高気密高断熱の住宅性能が可能としています。

イベント詳細
8/24 猛暑の日こそ住宅性能を知るチャンス!住宅性能見学会@青葉区柿の木台

猛暑の日こそ住宅性能を知るチャンス!住宅性能見学会

※このイベントは終了しました。多数のご来場、誠にありがとうございました。

家中がエアコン1台で全館冷暖房可能なバウハウスデザインの高気密高断熱住宅。真夏は住宅性能を知る絶好のチャンスです。【Ua値0.46 / C値0.23】全てのエリアを一定の温度に保つ性能と施工をぜひこの機会に現地でご体感ください。

イベント詳細
2/29・3/1「横浜都筑区中川の家」完成見学会

「横浜都筑区中川の家」完成見学会

※このイベントは終了しました。多数のご来場、誠にありがとうございました。

北側の借景を望む北側リビングの家です。玄関はフリースペースを兼ねており、開放感のあるエントランススペースとしました。エントランスは吹き抜けでリビングともつながり、家族の帰宅がリビングからわかる設計となっております。スタディースペースや多目的空間など家族がみんなで使えるスペースを各所に設けております。

イベント詳細
2/8・9 都筑区中川 構造見学会

構造見学会

※このイベントは終了しました。多数のご来場、誠にありがとうございました。

高性能住宅は価格が高いとあきらめていませんか?「床暖房ですか?」とよく質問されるバウハウスデザインの住まい。床が冷たくないのは基礎からしっかり断熱をしているからです。そして壁や屋根までもすっぽりと断熱パネルで隙間なく包み高気密高断熱の住まいをつくっています。特殊で高価な設備や建材に頼ること無く建築コストを低くします。夏涼しく冬暖かい住まいを実現する秘訣を会場でお確かめください。

イベント詳細
1/18・19「川崎宮前平の家」完成見学会

「川崎宮前平の家」住宅性能見学会

※このイベントは終了しました。多数のご来場、誠にありがとうございました。

公園に隣接した土地のロケーションを最大に活かした設計。リビングから続く中庭のデッキに出ると目の前には公園の借景が望める設計としました。リビングには大きな吹き抜けを配置し、開放感のあふれる空間としました。ダイニングキッチンの床は大判のタイルを使用し、高級感のあるスペースとなっています。グレーを基調とした塗り壁にアクセントとしてブラックのガルバリウム鋼板を使用。玄関はオリジナル木製ドアを採用しました。高気密高断熱の高性能な建築家住宅をこの機会に是非ご体感ください。

イベント詳細
1/11・12 冬暖かい快適省エネ住宅の秘密がわかる見学会

冬暖かい快適省エネ住宅の秘密がわかる見学会

※このイベントは終了しました。多数のご来場、誠にありがとうございました。

『構造・断熱・気密の見学会』「床暖房ですか?」とよく質問されるバウハウスデザインの住まい。床が冷たくないのは、基礎からしっかり断熱をしているからです。基礎工事はエアコン一台で全館空調を実現するための第一歩。床下の温度環境を一定にするため基礎断熱をおこなっています。真冬の底冷えを遮断するため、基礎からしっかり断熱する工法です。そして、壁や屋根までもすっぽりと断熱パネルで隙間なく包み高気密高断熱の住まいをつくっています。特殊で高価な設備や建材に頼ること無く建築コストを低くします。夏涼しく冬暖かい住まいを実現する秘訣を会場でお確かめください。

イベント詳細